11/11 胃カメラツアー

2016年11月11日


この時期になると毎年胃の調子が悪くなります。
近くの胃腸科クリニックで胃カメラをやってもらったのが2年前。
そのクリニックで2回胃カメラをやったけど、
2回とも咽頭反射が強く、かなり精神的ダメージを受けるので、
(2回目は咽頭反射が少ないという細めのカメラで鼻からだったけどダメだった)
勤務先の先生に全麻で胃カメラをやってくれる別の病院に予約を取ってもらい、
一緒に働いている同僚と3人で胃カメラツアーに行ってきました。
16-11-11_01.jpg


私は2年ぶりの胃カメラ、他の2人は胃カメラ初体験。
初診受付して検査室でサーフロー(留置針)入れて、
内視鏡室の前で順番を待ちます。
16-11-11_02.jpg
20分間隔で私は一番最後。

前処置の咽頭麻酔、
喉にシュッとスプレーじゃなくて、製氷皿に凍らせた一口サイズの麻酔薬を
口の中でコロコロ転がして溶かして咽頭麻酔なのね~
乳酸菌飲料の味でそれほど不味くなく工夫してありました。

1人目の同僚は完全に麻酔が効いていて、終了しても寝息を立てて寝ているほど。
2人目の同僚が終わって内視鏡室からストレッチャーで出てきた時に
「え、もう終わったんですか?」と言ってた。
おぉー、全麻ってやっぱりすごいわー。

そして私の番。
内視鏡室に入って左側臥位になり、バイトを咥えて点滴に繋がれ、
「麻酔が効いてくるのでラク~に呼吸していてくださいね~」と言われて意識が薄らぐ・・・

でも眠っていながらもウゲウゲとやっていたような。。。

意識が戻ったのはストレッチャーで内視鏡室から出る時。
リカバリー室?では完全に覚醒していました。

20分ほどそのまま横になっていて、
その後結果を聞くために内科に移動。

結果、異常なし。

え?こんなにムカムカして、この私がこんなに食欲ないのに?

「すごく綺麗な胃です。ストレス性では?」と言われました。
そんなにストレスないと思ってるんだけどなぁ。

でもホッとした~
絶対何かあると思ってたから(笑)

で、やっぱりウゲウゲやってたのは夢じゃなかったらしく
「〇〇(←多分麻酔の名前?)効かなかったみたいですね」と先生に言われました(^_^;)
でも無麻酔よりはずっとラクだった。

何なんだろうなー、この胃の不快感。
これも更年期の症状なのかなぁ。。。

ちなみに時々夜中に胃液が上がってくることがあると言っていた同僚の1人が
逆流性食道炎と診断されてた。(^^;
もう1人の同僚は私と一緒で綺麗な胃と言われ、ヨカッタヨカッタでした。